内容とは

高いビル

現代のオフィス
バーチャルオフィスの需要が高まっています。
バーチャルオフィスとは、実際にオフィスを構えることなく、電話の応対や郵便物の受け取りなどを代行する、レンタルオフィスに次ぐ、次世代のオフィスの形です。
最近になって特に多くなってきています。
バーチャルオフィスがここまで広がりを見せる背景には、現代社会のビジネスのありかたの変化が大きく影響しているといわれています。
特に事務所を設けなくても企業として成立していれば、問題はないということができます。

携帯電話の大きな普及
最近多くみられるのは、携帯電話の普及により、固定電話を特に設定せずに、営業活動を行う企業の存在です。
これがバーチャルオフィスの広がりに拍車をかけています。
昔であれば、固定電話を持たない会社は、まず存在しないといっても過言ではありませんでした。
固定電話を持たないということは、事務所を構えないということにつながっていきます。
これが、レンタルオフィスの増加の要因になりました。
電話応対などを代行してくれるというものでした。

貸し会議室の活用
貸し会議室の需要も相変わらず高いものがあります。
貸し会議室とは、時間単位や日数単位で会議室を借りるというもので、特に都心部に多く存在します。
会社としては、できれば、大人数で会議などができるような広い場所が欲しいところです。
しかし、経費などの関係から、日ごろは小さな事務所を借りて、月に一度の会議のときにのみ、貸し会議室を利用するなどで対応している会社も多くあります。
日本の高い不動産価格が大きく影響しているといえます。

セミナー

パソコン

急な会議や社外セミナー開催、面接、勉強会などスペースが必要になった時は、貸し会議室の利用を検討してみるのがお勧めです。
貸し会議室は場所、利用時間や目的、人数に合わせて選ぶことができます。
利用料金は時間貸しとなっているケースがほとんどです。またプロジェクター、スクリーン、マイク等の備品貸し出し、ケータリングサービスなどの別途有料オプションを提供しているところも数多くあります。
受付のある大型の貸し会議室では荷物お預かりサービスなどを実施しているところもあります。利用料金は時間貸しとなっているケースがほとんどです。
またプロジェクター、スクリーン、マイク等の備品貸し出し、ケータリングサービスなどの別途有料オプションを提供しているところも数多くあります。
受付のある大型の貸し会議室では荷物お預かりサービスなどを実施しているところもあります。

バーチャルの場合には

ガラス張り

それらと多少異なる意味合いで使われるのが、バーチャルオフィスです。
営業拠点として多い都市圏の住所を使って連絡用の拠点を用意しておくことで、顧客や取引先との商談をスムースに済ませるばかりか、万が一のときに対応してくれる人材をもレンタルできるとして、人気が高いのです。
これらで必要性が高いものを選ぶときには、様々なオフィスのニーズを用意している会社に相談しておくことで、納得できる結果を手に入れられるのです。

レンタルオフィス

夜のオフィス

レンタルオフィスは、簡単に言えば、明日からでも使える月々幾らといった契約をして使われる場所です。
机、椅子などと共にコピー機なども備えられています。コピー機、会議室、応接間など共通で利用出来るシステムのところもあります。
また、秘書機能を備えていて、電話などの受付業務をしてくれるところもあります。実質的にひとりで会社を興した人には、安心して営業活動などに出かけることが出来るわけで、大変便利です。
また、様々な企業が隣り合わせていることから、つながりが出来、新たなビジネスチャンスがここから生まれることもあります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930